2018/12/28

「千疋屋総本店」
【免税制度申請後、翌月には免税販売開始。お客様は中東からアジア全体に裾野が拡大。】

高級果物の贈答品といえば、1834年創業、東京・日本橋の老舗 千疋屋総本店。特に厳選された『マスクメロン』を思いつく方は大勢いらっしゃることでしょう。近年は海外からのお客様の認知度も上昇。免税制度導入の様の様子と実際の対応について、千疋屋総本店店長の清水明さんにお話を伺いました。

店内には果物の良い香りが広がります

贈答品として喜ばれる「マスクメロン」は、海外のお客様にも大人気

-免税制度導入前と導入後で、インバウンドの来店状況は変わりましたか?

清水店長:導入前は、海外からのお客様といえば中東のお客様が中心でしたが、導入後は、香港・シンガポール・中国などアジア全体まで、数多くの方にご来店いただいています。

-どのような方がどのような物を購入されていますか?

清水店長:香港・シンガポール・中国の方の多くは、ドライフルーツや箱入りギフト用の焼き菓子をご自宅や知人の方へのお土産としてご購入くださいます。中東の方には、主に桐箱入りの物をビジネスや特別な方への贈答品としてご利用いただいております。

-免税制度導入の経緯を教えてください

清水店長:東京オリンピック・パラリンピック開催決定を機に日本が注目され、訪日外国人が増加していることに加え、免税手続きが店頭で行えるようになりました。日本の果物のクオリティの高さは、海外でも富裕層を中心に少しずつ知られるようになりましたが、より多くの方に認知いただくきっかけになると思い、導入しました。

-制度導入までの準備についてお聞かせください

清水店長:まずは、各店の店長を中心にジャパンショッピングツーリズム協会開催の免税制度導入に向けた外部講習に参加しました。講習では、必要な備品のことから一連の手順に至るまでを学びました。そして学んだことを各店の従業員全員で共有し、資材購入など必要な準備を行い、申請の翌月にはスタートできました。特別な機材等の設置はせず、手書きの専用伝票などで対応しています。

免税手続きに用いる備品(「商品封入用ビニール・封印シール・取扱いに関する注意書き・専用伝票など)

免税お勧め品特設コーナー

入店すると免税表示POPがすぐに目に入リます

-実際に、免税販売の手続きは大変ですか?

清水店長:免税販売手続きとしては、専用伝票への記入や、食品は消耗品にあたるため商品を専用のビニール袋に梱包する作業があり、少々手間がかかりますので、従業員同士いかに連携して動けるかがポイントになります。作業に手間がかかっている従業員がいれば声を掛けて協力し、お客様をお待たせする時間を減らすよう努力しています。

皆で声を掛け合い、助け合って作業を行う

-導入後に気づいたことをお聞かせください

清水店長:導入当初は、外国人の方に免税手続きの説明を英語でどのようにしたら良いかなど、言葉のことばかりに目がいっていましたが、実際には、言葉よりも従業員のお客様に対する積極的なアプローチが重要だと気づきました。従業員には、「東京には海外から多くの方がいらっしゃっているので、インバウンド対応を頑張っているのは私たちのお店だけではないよね。だから私たちも頑張ろう!」と声を掛けています。

写真と英文の説明カードを活用し商品の良さを伝えています

植物検疫での没収対策として、国外持ち出し一覧表も活用

-免税制度導入後、訪日外国人のリピーターはできましたか?

清水店長:最近は、来日の度にご利用くださる方や、商品のファンも増えていると感じます。対応を重ねるうちに、従業員も免税販売手続きや梱包などの要望について、お客様とスムーズにコミュニケーションが取れるようになってきました。
果物に関して、味の特徴など英語での言い回しが難しいものは、写真と英文の説明カードを用意し、販売時に活用しています。

インバウンド対応は積極的な対応と笑顔が大切

-今後取り組みたいことについてお聞かせください

清水店長:訪日外国人のお客様は、これから増えることはあっても、減ることはないと思います。「海外の方に来ていただいた」ではなく、「海外の方をどううまく取込んでいくか」と考え、関連セミナーへの参加、ホームページやSNS、外部サイトの活用も含めて積極的に取り組んで行きたいと考えております。
商品の販売だけに意識をとらわれずに、歴史やこだわり、店内の魅力、日本らしさを、商品や空間で合わせて提供できるような取り組みを考えていきたいです。

果物を一つひとつ丁寧に扱うスタッフ

丁寧に箱詰めされた果物

きめ細やかなおもてなしの心に海外のお客様の関心が集まります

店長 清水 明さん