3.免税販売

入国スタンプの上陸年月日が不鮮明で読めない場合はどうすればよいでしょうか。

旅行者の航空券等で入国日を確認するのが望ましいと思われます。

Back to Index

お客様がクレジットカードで購入された際は、税込み金額でカード決済をし、免税分の消費税額を現金で返金するのが一般的でしょうか。 また、返金の際にお客様からサインを頂く必要はありますか。

クレジットカードで課税販売後に消費税を還付する場合には、現金で返金する運用が一般的です。返金することについて、免税手続上のサインは必要ありません。

※クレジットカードでの返金が可能かどうか、またカードの返金手続きとしてサインが必要かどうかは各カード会社との取り決めとなります。

Back to Index

お客様が郵便局で発送の手続きをして海外の自宅への配送を希望される場合、免税販売は可能ですか。

郵便局のEMS(国際スピード郵便)であれば発送が可能です。免税販売の商品を海外発送する場合、購入者は受領証を出国の際に(商品現物の代わりとして)携帯しておく必要があります。発送受付の際に発行される受領証(品名、数量、価格等が記載されているもの)を基に空港手続を受けます。

Back to Index

免税購入した場合、空港での免税手続きはありますか。

日本は販売時に免税手続をしているため、空港での免税手続はありません。ただし、免税購入者は出国時に税関に立ち寄る必要があります。

Back to Index

免税販売の消費税申告はどうすればよいでしょうか。

確定申告の際に消費税関連の中で記載報告します。

Back to Index

免税店の店員に必要な英語力はどのくらいですか。

母国語のように流暢に話せる必要はありません。辞書やマニュアルを利用しての対応ができれば問題ありません。当サイトにも多言語会話シートを用意していますのでご活用ください。
Back to Index

外国では税込で購入したあと帰国時に空港で還付手続きを受けることが多いですが、日本では消費税はその場ですぐ免税になるのでしょうか。

日本では、要件を満たし所定の手続きをすれば購入時点で免税することができます。
Back to Index