2020/7/20

一般物品が50万円を超える場合、消耗品との合算はできますか。

合算できません。一般物品と消耗品を合算して販売する場合は消耗品と同様の要件となるため免税対象額は50万円までとされています。