2019/5/20

お客様が6,000円の洋服と3,000円の化粧品を購入され、合算で免税販売しました。その後、追加でさらに3,000円の化粧品を購入され、その場で洋服を着用したいと言われました。この場合、合算での販売をやめて6,000円の洋服を一般物品のみとしての販売に変更し、洋服の特殊包装をなくすことはできますか。

1回目の免税手続きを取り消す手続きをします。パスポート等に合算で免税販売した購入記録票を既に貼付している場合は、はがさずに、取り消したことが分かるように記載するか、取り消しの伝票を上から貼付し、担当者が押印します。その後改めて免税販売手続きをすることで、洋服の特殊包装をなくし、着用することができます。その場合、6,000円の洋服を一般物品として免税販売し(特殊包装不要)、合計6,000円の化粧品を消耗品として(特殊包装が必要)免税販売し直してください。