2021/9/30

一般物品は免税販売金額に上限がないので、5,000円以上であれば個数や金額に関わらず免税販売しても良いですか。

免税販売の対象になるのは海外に持ち帰った後、個人用やお土産用として使用するものです。事業用や販売用として購入するものは免税対象ではありませんので、例えば多量や多額の購入をされる際には確認が必要です。詳しくは全国免税店協会から発行されている本人確認・対象物品・品名登録に関するガイドラインをご確認ください。