2020/7/30

【補助金】バリアフリー旅行サポート体制の強化に係る実証事業

観光庁は、誰もが気兼ねなく参加できる旅行(ユニバーサルツーリズム)の普及促進を目指し、バリアフリー旅行サポート体制の強化に向けた実証事業を実施します。
7月17日(金)から8月19日(水)まで、外国人障害者向けのバリアフリー旅行サポート体制の強化を予定している観光案内所を運営する団体を募集します。
選定された団体にはバリアフリー旅行サポート体制の強化に係る準備費用の一部を負担いたします。

募集主体

バリアフリー旅行サポート体制の強化事業を実施することができる運営団体(観光協会及びバリアフリーに関する団体や地域の宿泊団体等)

応募受付期間

2020年7月17日(金) ~2020年8月19日(水)

事業概要

選定された団体には1件あたり50~100万円(税込)、合計500万円を上限として、以下項目のとおり、バリアフリー旅行サポート体制の強化に係る準備費用の一部を負担します。

  • ・外国人障害者の受入に向けた人材育成に係る費用
  • ・地域の宿泊施設を活用したバリアフリーサポート体制の強化に係る費用
  • ・多言語による宿泊施設のバリアフリー情報発信のためのツール作成に係る費用
  • ・その他

選定スケジュール

外部の有識者による選定委員会を開催し、選定を行います(8月中旬を予定)。

詳しくは観光庁公式サイトをご確認ください。