2020/10/5

【補助金】令和2年度(2020年度)地域資源発掘型実証プログラム事業(第1回)企画案募集のご案内及び令和元年度第3回採択結果について

都内には、未だ活用されていない地域資源が数多く眠っています。そこで、東京都と公益財団法人東京観光財団ではこうした地域資源を活用し、旅行者誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業」を実施しています。このたび、都内の各地域から、地域資源を活用するためのアイデア(企画案)の募集を開始します。

応募対象者

都内観光協会、都内に所在する商工会・商工会連合会・商工会議所等、NPO法人、大学、町会・自治会などの地域の団体、民間事業者などの3者以上が共同で応募(※)

※地域で主体となって観光まちづくりに取り組む団体等(観光協会、商工会・商工会連合会・商工会議所等)は必ず1者以上含むことが条件

募集する企画案

東京都内における、観光資源の発掘や既存の観光資源の磨き上げの取組(※1)による、以下のプログラム企画案を募集します。

  • ①地域における特産品の企画・開発
  • ②旅行者誘致のイベント企画・実施
  • ③着地型旅行商品の企画・造成(※2)
  • ④その他、東京観光財団が必要と認めるもの

※1 磨き上げの取組
既にある地域資源に対し、当事業を通じて改善(磨き上げ)し、新たな商品、イベント開催等に繋げる取組

※2 着地型旅行商品
旅行者を受入れる地域が、その地域が持つ観光資源を活かして企画する形態の旅行(体験プログラムやツアーなど)を商品化したもの。

事業の流れ

審査の上、事業を採択します。採択後、協議会を設立し、意思決定、合意形成を行いながら事業を進めます。
(公財)東京観光財団が、共同提案者のうち1者を契約候補者として設定し、アイディア(企画案)の事業化を図ります。

事業実施期間

令和3年(2021年)1月から令和3年(2021年)9月8日(予定)
※新型コロナウイルスの感染状況により、事業期間を変更する場合があります。

選定事業数

15事業程度

募集期間

令和2年9月17日(木) ~ 令和2年10月30日(金)正午(必着)

対象経費

本事業に係る費用のうち、事業対象と成る経費は、選定されたプログラム実施に係る以下の経費であって、総額(税込み)は、条件により600万円~800万円(各区市町村での取組)以下又は1,000万円(複数の区市町村にまたがる取組)以下とします。

詳しくは東京観光財団公式サイトをご確認ください。